ピアスの雑学

どこまで可能?ピアスの穴を拡張する正しい手順と注意点

投稿日:

どこまで可能?ピアスの穴を拡張する正しい手順と注意点

ピアスの穴が開いている人の中には、もっと穴を大きくしていきたいと考える人もいるのではないでしょうか?

ピアスの穴を大きくすることを「拡張する」と言いますが、どこまで拡張したいのかを事前に考えておくことが大切です。

拡張しすぎてしまうと場合によっては戻せない可能性がありますので、自分のライフスタイルに合わせて選択していきましょう。

ここではピアスの穴を拡張する正しい手順と注意点についてお伝えします。

 

1.ピアスの穴を拡張する上で可能な大きさ

どこまで可能?ピアスの穴を拡張する正しい手順と注意点

ひと口に拡張といっても、その大きさはたくさんあるのをご存じですか?

拡張するピアスの軸の太さによって、穴の大きさが決まってきます。


太さはG(ゲージ)で表示されますが、ゲージには20G〜00Gまであり、数字が減る程太くなります。

  • 20G(0.8㎜)
  • 18G(1.0㎜)
  • 16G(1.2㎜)
  • 14G(1.6㎜)
  • 12G(2.0㎜)
  • 10G(2.5㎜)
  • 8G(3.2㎜)
  • 6G(4.0㎜)
  • 4G(5.0㎜)
  • 2G(6.0㎜)
  • 1G(7.0㎜)
  • 0G(8.0㎜)
  • 00G(10.0㎜→1㎝)

通常、ファッションピアスは20G〜18Gが一般的なサイズです。

ファーストピアスは16G、軟骨ピアスは14Gを選ぶと一番トラブルが少なくなってきます。

 

2.ピアス穴の拡張をする前に確認するべきポイントとは?

どこまで可能?ピアスの穴を拡張する正しい手順と注意点

拡張をすることとは、主に耳朶のピアスの穴をワンサイズずつ(例えば16G→14G)大きくしていくことです。

その際、軟骨部分のピアス穴は拡張には向いてないのでやめましょう。

必ずしも不可能というわけではないですが、軟骨は伸びが悪く拡張する上でとても難しい箇所です。

耳朶でなくても伸びの良い肉の部分に開けたピアスであれば拡張は可能です。


拡張した大きな穴の事をラージホールと呼びます。

拡張器を使うやり方と、ピアスを使うやり方とがありますが、どちらを選択してもラージホールが安定するまで3週間〜1ヶ月はかかります。

ピアスの穴を開けたばかりであるファーストピアスの段階での拡張は、やめた方がよいでしょう。

 

3.ピアス穴を拡張する前の注意事項と手順

どこまで可能?ピアスの穴を拡張する正しい手順と注意点

実際にピアスの穴を拡張していくにあたっての注意事項と、実際にどのように拡張していくかについてお伝えします。

 

①ピアス穴を拡張する前の注意事項

どこまで可能?ピアスの穴を拡張する正しい手順と注意点

注意事項として、以下の4つのポイントがあります。

  1. ピアスホールが安定している事(ファーストピアス、セカンドピアスを経て安定したピアスホールを得るまで個人差はありますが1年程かかります)
  2. 耳朶に拡張するスペースがある事(スペースが無いと耳朶が割けます。割けるともう元には戻りません。)
  3. 一度拡張行った後は、3週間〜1ヶ月は次の拡張を行わない
  4. 膿や血が出ていない等のマイナートラブルが無い事

そのため、ピアスの穴自体を開けて間もない時期に無理に拡張してしまったり、拡張するスペースに余裕がないにも関わらず拡張してしまうなど、身体に負担となる拡張の仕方はNGです。

耳が割けてしまうほどピアスホールがダメージを受けてしまうと、場合によっては修復不可能になってしまうことさえあります。

拡張に適している時期か・場所かについて、よく考えてから行いましょう。

 

②拡張器やピアスを使って拡張する場合

どこまで可能?ピアスの穴を拡張する正しい手順と注意点

拡張器は円錐形をしています。

まず、拡張器に軟膏を塗って徐々に穴に差し入れます。

拡張期にはゴムが付いていてるので、そこでとめるようにしましょう。

そして、1週間経ったら拡張器をはずし、大きいサイズのピアス(16G→14Gの場合、14G)を付けます。

無理な拡張をしていると穴の中が真紅色になりますので、そのようになった場合は直ちに拡張を中止しましょう。

拡張は身体改造の一種です。

拡張には時間がとてもかかることと、無理な拡張は危険であることを理解し、作業を始めることが重要なのです。

なお、ピアスを使って拡張するやり方は、耳によく軟膏を塗ってから大きいサイズのピアスを入れます。

やり方は拡張器と似ていますが、使用するピアスのサイズの無理はせず、必ず1つずつゲージのサイズを小さくしていくようにしましょう。

 

4.まとめ

どこまで可能?ピアスの穴を拡張する正しい手順と注意点

ピアスの穴を拡張する正しい手順と注意点についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

拡張をしている人は数多くいますが、一度広がった穴は戻らない可能性があります。

軟骨に開けないようにする・スペースが無い場所を無理に拡張しないなど、注意事項は必ず守りましょう。

身体にとってダメージになり得る可能性もありますので、仕事を含めたライフスタイルをよく考えてから拡張するようにしましょう。

他にこんな記事も読まれています

-ピアスの雑学

Copyright© ピアス穴の正しい開け方とケア方法20選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.