ケア・処置方法

へそピアスの痛みがひどい…ケース別対応策と痛み解消法2つ

投稿日:

へそピアスの痛みがひどい…ケース別対応策と痛み解消法2つ
へそピアスのピアッシング直後は、腫れて痛むことが多いです。

個人差もありますが、腫れや痛みといったマイナートラブルは避けて通れません。

痛みがひどい場合は、バイ菌が入っている場合もあるので、早めに専門の皮膚科へ行きましょう。

ちなみに、最初から病院で開けてもらうと、後々のケアや腫れ止めの処方などサービスが充実しているので、初めてならそちらがおすすめです。

でもすでにへそピアスを開けてしまっている場合は、病院でのアフターサービスは受けられませんよね。

また、コルセットをつけたりお腹に力を入れたりすると痛む、というケースもあります。

さらに、夏場は汗で膿んで痛くなる可能性があり、冬場なら服の着脱で引っ掛かる機会が多くなって痛くなる可能性があります。

スポンサーリンク

そうした場合には、いちいち病院に行くのも大変ですよね。

それでは、普段へそピアスが痛んだときは、どうすれば良いのでしょうか?

ここでは、へそピアスの痛みがひどいときのケース別対応策と、へそピアスの痛み解消法についてご紹介していきます。

 

1. へそピアスで痛みと「異物感」を感じる場合の対応策は?

へそピアスの痛みがひどい…ケース別対応策と痛み解消法2つ

へそピアスで異物感を感じる人はとても多いです。

痛みがないという人でも、大抵は何らかの違和感を感じたことがあるのではないでしょうか?

異物感があると、うつ伏せになりにくいなど、日常生活にちょっとした支障が出てしまいますよね。

スポンサーリンク

この場合、一番の対応策はやはり「一時的にへそピアスを外す」ことです。


健康診断を受けるときなどはもちろん、妊娠した際は基本的にはへそピアスを外します

妊娠中でもどうしても付けたいのであれば、妊婦用へそピアスが販売されていますので、それを付けましょう。

妊婦用にしないと、お腹が大きくなっていく過程で肉が裂けてしまう可能性があります。

 

2. 麻酔によるへそピアスの痛みが長引く場合の対応策は?

へそピアスの痛みがひどい…ケース別対応策と痛み解消法2つ

専門皮膚科でピアッシングする際は、痛みがないよう、局所麻酔を行ってからへそピアスの穴を開けます。

しかし、麻酔すると穴の安定が遅れたり、麻酔自体の痛みが出てしまったりするケースがあるのも事実。

局所麻酔でへそピアスの穴を開けた場合、個人差はありますが、安定するまで3ヶ月〜半年程度かかります


穴を開けて最初の1週間は入浴できませんので、シャワーだけにしましょう。

麻酔による痛みが長引いてしまった場合は、プールや海水浴、温泉といったレジャーを当分控えるのがおすすめです。

痛みをおさめるためには、とにかく「弄らず刺激せず、我慢する」というスタンスが大切になります。

ちなみに、麻酔の痛みに不安がある場合は、「無痛麻酔」という痛みが少ない麻酔を検討するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

 

3. へそピアスの痛みを効果的に解消してくれる2つの方法

 

へそピアスの痛みがひどい…ケース別対応策と痛み解消法2つ

へそピアスの痛みは、特別なケア方法によって改善する可能性があります。

痛みが出る度に病院まで行くのは、ちょっと面倒ですよね。

ちょっとした痛みであれば、自宅でできるケアで解決してしまいましょう。

それでは、へそピアスの痛みを効果的に解消してくれる2つの方法についてご紹介していきます。

 

①ホットソークで定期的にケアする

へそピアスの痛みがひどい…ケース別対応策と痛み解消法2つ誰にでもおすすめできるのが、ホットソークによる痛み解消法。

手順は次の通りです。

  1. 清潔な容器に200mlのお湯(40℃前後)を用意する
  2. 0.8〜1gの天然塩をお湯に溶かす
  3. 作った液をティッシュかコットンに浸して患部にのせる
  4. そのまま放置する
  5. 冷たくなったら温かいものと交換し、合計10分〜15分になるまで続ける

ホットソークは、洗浄ケアができない場合は毎日行ってもよいのですが、洗浄ケアを問題なく毎日行えている場合は、週1回の実施で大丈夫です。

 

②肉芽ができているならクエン酸療法でケア

へそピアスの痛みがひどい…ケース別対応策と痛み解消法2つ

痛みの状態が比較的深刻で、肉芽ができてしまっている場合は、以下のクエン酸療法を試してみましょう。

  1. 清潔な容器で、水に大量のクエン酸(結晶)を溶かす
  2. 余裕があれば、液を1日置いておく(時間がなければスキップしてOK)
  3. ティッシュに作った液を塗り、患部へ貼り付ける

ティッシュを貼り付けた際、患部にピリピリとした痛みを感じたり、患部から赤黒い膿が出てきたりしたら、効いている証拠です。

クエン酸療法を試してもどうしても痛みが引かないときは、我慢せずに市販の鎮痛剤を飲みましょう。

 

4. まとめ

へそピアスの痛みがひどい…ケース別対応策と痛み解消法2つ

へそピアスの痛みって、なかなか消えてくれなくて辛いときも多いですよね。

状態が悪化し続ける場合は皮膚科に行く必要がありますが、そこまでのレベルではないなら、自宅で対処できるととても便利。

今回ご紹介した対応策や解消法が、きっと役に立つはずです。

へそピアスの痛みにお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね。


関連記事

-ケア・処置方法

Copyright© ピアス穴の正しい開け方とケア方法20選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.