ケア・処置方法

軟骨のピアスを開けた後のトラブル……耳介軟骨膜炎と肉芽って?

投稿日:

軟骨のピアスを開けた後のトラブル……耳介軟骨膜炎と肉芽って?

軟骨にピアスを開けている人、本当に多いですよね。

そんな軟骨に近い部分の耳のパーツとして、耳介があります。

耳の外観として目立つ耳介は、耳介軟骨という弾性繊維を多く含む弾性軟骨に耳介筋と呼ばれる横紋筋が取り付いて、その全体を皮膚が覆っています。

耳介筋は退化していて耳を動かすのは難しく、耳介の下端には耳朶が付いています。

ピアスをつけることによる耳や耳の軟骨(耳介軟骨)のマイナートラブルには、主に次のようなものがあります。

  • 耳介軟骨膜炎
  • 肉芽

ここでは、軟骨ピアスを開けた後の耳トラブル|耳介軟骨膜炎と肉芽についてをご紹介します。

スポンサーリンク

 

1.軟骨ピアスのトラブル:耳介軟骨膜炎

軟骨のピアスを開けた後のトラブル……耳介軟骨膜炎と肉芽って?

耳介軟骨膜炎は、耳全体が赤く腫れる疾患で、激しい耳の痛みと炎症、高熱を伴って症状が治りにくいです。

耳介軟骨膜炎になる理由としては、

  • 耳の怪我
  • 手術による感染
  • 圧挫(あつざ)
  • 虫刺され
  • 打撲
  • 裂創(れっそう)
  • 軟骨ピアス

このような原因がありますが、耳介に負担がかかることで起こってしまいます。

なお、耳介軟骨膜炎は予防することがとても難しい病気です。

 

①耳介軟骨膜炎の手当方法はアイシングが効果的

軟骨のピアスを開けた後のトラブル……耳介軟骨膜炎と肉芽って?

自分で出来る応急手当は、アイシングが効果的です。

スポンサーリンク

アイシング時の注意事項は、氷等を直接患部(軟骨ピアス等腫れてる場所)に当てない事です。

低体温症や低温火傷になる危険があります。


耳介軟骨膜炎は、むくみや患部(軟骨ピアスの場所)が赤く腫れ上がり、最終的に軟骨を変形させてしまい、時には入院も必要とします。

早期発見で早期に治療するのが良いのです。

 

2.軟骨ピアスのトラブル:肉芽

軟骨のピアスを開けた後のトラブル……耳介軟骨膜炎と肉芽って?

肉芽とは、ピアス周りに出来るおできのことです。

肉芽になる流れとしては、

  1. サイズが合わないピアスを身体が負担に感じている
  2. 身体の免疫システムがピアスを攻撃
  3. ピアス周りに肉芽ができる

このように、ピアスそのものが身体にとってストレスになっていることが原因なのです。

この肉芽とは、いわゆる腫瘍なのですが、命に別状はありませんのでご安心くださいね。

 

①肉芽の手当方法は症状の具合によって使い分けよう

軟骨のピアスを開けた後のトラブル……耳介軟骨膜炎と肉芽って?

肉芽の治療として、

  1. 抗生物質入りの腫れ止め軟膏
  2. ホットソーク
  3. クエン酸治療

こちらの3つの方法がおすすめです。

抗生物質入りの腫れ止めは、軟骨ピアスの軸に塗ってピアスを差し入れて2〜3日様子を見ましょう。

スポンサーリンク


ホットソークは、まず清潔なお椀やマグカップを用意します。

そこに、200mlの人肌のお湯(40℃前後)・天然塩(海水から作った塩、岩塩や食塩は不可)を0.8g〜1g入れ、そこに患部を浸けます。

お湯が冷めたら温かい物と交換し、合計で10分〜15分になるようにします。

ホットソークが効かなければ、クエン酸治療を試しましょう。

薬局で結晶のクエン酸を買ってきて水に溶け切らないほど沢山(計らないで良いです)のクエン酸を入れます。

ドロドロとした液体が出来たら(1日寝かしても良いです)それをティッシュやコットンに付けて患部へ貼り付けます。

ジンジンピリピリ痛くなっていたら効いている証です。

痛みが無くなったら剥がして終わりです。1日1回で止めましょう。

ホットソークよりもクエン酸治療のほうが効果的ですが、肌が弱い人には向かない治療です。

肌が弱い方には、ひとまず腫れ止めの軟骨を試すのをオススメします。

 

3.まとめ

軟骨のピアスを開けた後のトラブル……耳介軟骨膜炎と肉芽って?

軟骨ピアスを開けた後の耳トラブル|耳介軟骨膜炎と肉芽についてをご紹介しましたが、いかがでしたか?

軟骨ピアスは開けている人がとても多いので、誰にでも起こり得る耳のトラブルですよね。

日頃からしっかりケアをして、このようなトラブルを予防していきましょう。

スポンサーリンク




他にこんな記事も読まれています

-ケア・処置方法

Copyright© ピアス穴の正しい開け方とケア方法20選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.