ケア・処置方法

ピアスの穴がジンジンして痛い!ピアス穴の痛みを和らげる3つの方法

投稿日:

ピアスの穴がジンジンして痛い!ピアス穴の痛みを和らげる3つの方法

ピアスを開けたあとに「ピアスの穴が痛い・・」ということはありませんか?

そんなときは、ピアスの痛みを和らげる方法を覚えておくと便利です。

色々な方法を試してみて、無理のないケアをしてみてください。

ここでは、ジンジンする傷口の痛みを和らげる方法についてご紹介していきます。

 

1.シナモンは、ピアスで痛いときの腫れ予防になる

ピアスの穴がジンジンして痛い!ピアス穴の痛みを和らげる3つの方法

シナモンは消炎鎮痛効果があるスパイスです。

スポンサーリンク

ファーストピアスの間は特に、摂取すると腫れの予防にもなりおすすめです。

ミルクティーやロイヤルミルクティーにお好みの量を入れて飲むと、チャイの様な風味になり美味しく飲むことができますよ。


飲み物に入れてとることが苦手な人の場合には、お菓子として果物と一緒に煮込む等して食べるのも良いでしょう。

1日摂取量の目安は0.6gです。

シナモンシュガーの瓶一振りがシナモン0.1gに相当するため6振り程度が目安ですよ。

 

2.ピアスで痛いときは、ただ洗うというだけでも効果的

ピアスの穴がジンジンして痛い!ピアス穴の痛みを和らげる3つの方法

スポンサーリンク

洗浄ケアとは、ファーストピアス・セカンドピアスの期間(約1年間、ピアスホールが安定するまでの間)に、朝晩2回ボディソープや固形石鹸をよく泡立てて患部を洗うことをいいます。

洗浄ケアを始めるのは、ピアスホールを開けてから3日経ってからです。

3日目までは、できるだけファーストピアスをいじらないことが重要です。

洗浄ケアを毎日行う事でマイナートラブル回避になりますので、毎日2回きちんと続けましょう。

決まった時間に洗っていても痛みが強い時は、さらにまた洗って大丈夫です。

洗うだけでも、痛みが和らぐ場合がありますよ。


なお、ファーストピアスは、個人差はありますが1ヶ月〜1ヶ月半は外す事ができませんので、圧迫しない物を選びましょう。

もしどのようなものが良いかわからない場合は、バーベルピアスがおすすめです。

バーベルピアスとは、まさにバーベルそのものの様な形をしたピアスのことをいいます。

陥没しにくく、0.8㎜〜1㎝軸の長さがあるので腫れても圧迫しません。

 

3.ピアスで痛い・・そんなときはヨガの死体のポーズをやってみよう

ピアスの穴がジンジンして痛い!ピアス穴の痛みを和らげる3つの方法

一風変わった痛みの和らげ法ですが、シャバーサナという死体のポーズは鎮痛効果が期待できます。

布団やマットレスの上で両手両足を広げ(大の字)て寝るポーズとなっています。

スポンサーリンク

ただ、ヨガの呼吸法はとても難しいので、ひとまず腹式呼吸を心掛ける程度でも大丈夫です。

シャバーサナはリラックス効果があり、このポーズで腹式呼吸を続けていると身体の力(無理な緊張)が抜けてゆきます。

シャバーサナを10分も続ければ頭の中がスッキリしますし、このポーズには鎮痛効果もあるのでファーストピアス時期は寝る前にシャバーサナを行うと良いでしょう。

ただし、シャバーサナを行っている間に寝てしまうのはあまり良くないので注意しましょう。

 

4.まとめ

ピアスの穴がジンジンして痛い!ピアス穴の痛みを和らげる3つの方法

ジンジンする傷口の痛みを和らげる方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

シナモンやヨガのポーズなど、ちょっと想像とは違った…という人もいるかもしれません。

ピアスの穴を開けた日が近い人の場合は、しっかり洗浄することも効果的ですよ。

痛みが続いていると鬱々としてしまいますので、ぜひいろいろとチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク




他にこんな記事も読まれています

-ケア・処置方法

Copyright© ピアス穴の正しい開け方とケア方法20選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.