ピアスの雑学

もしかしてアレルギー?ピアスの金属アレルギー予防法と正しい対処法

投稿日:

もしかしてアレルギー?ピアスの金属アレルギー予防法と正しい対処法
世の中にはたくさんのアレルギーがありますが、実はピアスによって金属アレルギーになってしまった人もいます。

一度アレルギーになってしまうと、治すことは難しい…というのは聞いたことある人がいるかもしれないですが、本当にそうなのでしょうか?

また、ピアスで金属アレルギーになってしまったら、残念ながらそれ以降ピアスを楽しむことはできないのでしょうか?

もし金属アレルギーになってしまったら…と考え始めると、いろいろと気になるかもしれませんね。

今回は、ピアスの金属アレルギー予防法と正しい対処法についてをお伝えします。

 

1.ピアスは身体の中に差し込む形のため金属アレルギーになりやすい

もしかしてアレルギー?ピアスの金属アレルギー予防法と正しい対処法

金属アレルギーも他のアレルギーと同様に、アレルゲンの飽和状態が発症のメカニズムであり、一度発症すると完治するのは不可能です。

スポンサーリンク

夏場の汗や、体液(体から出る分泌液)で身に付けている金属が溶解して『金属イオン』が出来ます。

『金属イオン』と『人のタンパク質』が結合すると、金属アレルギーの原因であるアレルゲンになります。

『金属イオン』+『人のタンパク質』=アレルゲンということですね。


それに加えて、身体の中に差し込む形で入るピアスは、特に金属アレルギーの原因になりやすいのです。

また、親が金属アレルギー持ちの場合、金属アレルギーになる確率が高いため、要注意です。

 

2.ピアスによる金属アレルギーの予防はまず金属の種類を知ること

もしかしてアレルギー?ピアスの金属アレルギー予防法と正しい対処法

スポンサーリンク

予防策として、金属アレルギーを起こしやすい金属と起こしにくい金属を知る必要があります

金属アレルギーを起こしやすい金属として、

  • ニッケル
  • コバルト
  • 水銀
  • 亜鉛
  • 真鍮
  • バラジウム
  • クロム

この中には、身体に危険な金属として理科で習ったような物も含まれていますよね。


なるほど…と納得する部分もあるのではないでしょうか?

反対に、金属アレルギーを起こしにくい金属として、

  • 白金
  • ジルコニウム
  • タンタル
  • プラチナ
  • チタン
  • ステンレス

これらは、アクセサリーやキッチン、医療用品等でもよく聞く金属ですよね。

中でもプラチナは非常に高価な金属ですし、アレルギーが起こりにくいというのも納得がいきますね。

また、ピアスでおすすめできる金属としては、

  • 純チタン
  • 医療用ステンレス(サージカルステンレス)316L表示のもの

この2つです。

金属にほかの金属が混ざっていないものほど、アレルギーは起こしにくいです。

そのため、安価で手に入るアクセサリーでありがちなメッキ加工のアクセサリーはくせ者なので要注意です。

また、中には金加工をしていても金の下は金属アレルギーを起こしやすい金属の場合がありますので、購入する際には注意をしましょう。

 

3.金属アレルギーを起こさないとして人気の樹脂製ピアスも注意が必要

もしかしてアレルギー?ピアスの金属アレルギー予防法と正しい対処法

スポンサーリンク

樹脂製ピアスは金属アレルギーの強い味方のように考えられがちですが、使用には注意が必要です。

樹脂製ピアスはそもそもファーストピアスには向いていません。

傷が付きやすく、雑菌が繁殖しやすい樹脂製ピアスは、基本的には毎日交換が必要です。

ファーストピアスは1ヶ月〜1ヶ月半にわたって、常に付け続ける物です(個人差があり、1ヶ月半以上かかる場合もあります)。

外すことができない状態で、樹脂製ピアスに雑菌が繁殖すると患部が炎症を起こします。

ファーストピアスは外しにくい構造になっているので、炎症が起こってからだと外すのに苦労します。

下手をするとピアスホールの中に樹脂製ピアスが埋没してしまう危険があります。

そうなるととても痛い思いをする羽目になります。

金属アレルギーが気がかりならば、病院でピアスホールを開けるべきでしょう。

 

4.金属アレルギーがあってもピアスを楽しむことはできる

もしかしてアレルギー?ピアスの金属アレルギー予防法と正しい対処法

では、金属アレルギー持ちならばピアスは出来ないのでしょうか?

そんなことはありません、いろいろと工夫をしてみれば可能性はありますよ。

  • 穴が落ち着いている(開けてから1年経っている)なら樹脂製ピアスを付ける事は可能
  • 金属アレルギー防止液をピアスの軸に塗ってピアスを使用する

このように、ピアスの穴を開けてから日にちが経過しているようであれば樹脂製ピアスがおすすめですし、金属アレルギー防止液を塗ることも効果的です。

アレルギー防止液とは透明の液体で、アクリル性の液体です。

ピアスの皮膚に触れる場所に塗り、固まるとアクリルの膜が出来て肌と金属が直接触れないようにしてくれるのです。

塗って固まるのを待つだけで簡単なので、今までに使っていたピアスも、そのまま楽しむことができますよね。

 

5.まとめ

もしかしてアレルギー?ピアスの金属アレルギー予防法と正しい対処法

ピアスの金属アレルギー予防法と正しい対処法についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

一度発症してしまうと完治は難しいと言われているのが金属アレルギーですが、どの金属がだめなのか・どの金属ならアレルギー反応をしないのかを見極めることが大切といえますね。

ピアスの穴を開けてからしばらく日数が経過しているようであれば樹脂製のピアスで楽しむのも良いですし、持っているピアスをそのまま楽しみたい場合はアレルギー防止液を利用してみてくださいね。

アレルギーはそのまま放置してしまうとピアスの穴が腫れてしまったり膿んでしまうことになりかねません。

アレルギーかも…と思ったら、上記のような方法を試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク




他にこんな記事も読まれています

-ピアスの雑学

Copyright© ピアス穴の正しい開け方とケア方法20選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.